MoM’s body

産後のママを骨盤からさらに美しく

骨盤底筋群とは?

投稿日:2019年7月31日 更新日:

最近よく聞く、骨盤底筋群。

MoM's bodyのTOPICにもよく使われる骨盤底筋群ってそもそもなんなのか?

今日は時間があるので(笑)説明しますね。

骨盤底筋群とは、骨盤の底にハンモックのようにあって、膀胱や腸、女性では子宮を支えている筋肉の総称です。

尿道、肛門、膣を締める役割も果たし、このハンモック(筋力)が弱くなると、尿失禁、子宮脱などが起こりやすくなります。

とくに女性では出産経験があり、座った姿勢が多く、中年以降の方で尿漏れ、子宮脱を経験する方が多くなります。

なぜ、中年以降で多くなるかと言いますと、最近これもよく耳にする機会の増えたサルコペニアが関係してきます。(サルコペニアについてはまた後日説明しますね)

脚をのぞいた体の一番下で内臓を支えていてくれる筋肉が『骨盤底筋群』というワケです。

次回は骨盤底筋群の役割について詳しく説明しますね。

-TOPIC

Copyright© MoM’s body , 2020 All Rights Reserved.